彦根市弓道連盟は1949年設立され今年で70年になります。日常の練習は彦根市弓道場(6人立)を利用しています。
この弓道場で一般会員・少年部・滋賀県立大学弓道部・近江高校弓道部が午前・午後・夜の時間帯で調整しながら毎日修練に励んでいます。
 
弓道場の利用について

通常の道場利用計画
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
8:30~12:00 一般 一般 一般 一般 一般 県立大
(練成会1回/月)
自由練習
13:00~15:30 一般 一般 一般  一般
(県立大自主練習)
一般 少年部(~15時) 自由練習
15:30~18:00(19:00) 県立大(~19時) 近江高 県立大(~19時) 県立大・近江高
(~19時)
県立大(~19時) 一般 自由練習
18:00(19:00)~21:30 一般 一般 一般 一般 一般(和服) 一般  自由練習
※20190416改
※春期、夏期、冬期休暇中の弓道場利用に関しては別途計画

年会費について
(一般・大学生

  彦根市弓道連盟 滋賀県弓道連盟 全日本弓道連盟 合計
正会員 学生  3,000 小・中学生 500 --- 3,500
*高校生 1,000 4,000
大学生 2,500 5,500 
一般 6,000 無・級位 6,000 1,000 13,000
初・弐段
参段
四段
五段 10,000 1,7000
錬士
教士
準会員   5.000 --- --- --- 5.000
団体会員   10,000 --- --- --- 10,000
(単位:円)

 役員

彦根市弓道連盟役員(2019年~2020年)
役職 氏名 担当
顧問 横田勇・深田蕃  
会長 中村傳一郎  
副会長 山本修 渉外
  中川和子 競技
  岡崎誠 総務
理事長 居森敏夫 理事会全般・指導強化
副理事長 北川豊 2024滋賀国体
総務会計部 部長 赤羽光昭  
指導強化部 部長 植村千春  
競技運営部 部長 大谷晃喜  
国体準備部 部長 北川豊 (兼任)
監事 日下部紀男・北川昌樹  

 

彦根市弓道連盟規約

彦根市弓道連盟規約
(名称)
 第1条 
この会は、彦根市弓道連盟(以下「本連盟」という)と称する。
(目的)
 第2条
本連盟は弓道を普及振興して、体位の向上、徳操の育成を図るとともに会員相互の親睦、社会文化の進展に寄与することを目的とする。
(会員)
第3条
 本連盟は彦根市内に住居または職場を有する弓道愛好者をもって会員とする。ただし、会長が認めたものについてはこの限りでない。
2 会員は正会員、準会員および団体会員とする。
3 正会員は彦根市弓道場を修練の場所とするもので、滋賀県弓道連盟および本連盟主催の事業に積極的に参加するとともに、彦根市弓道場の維持管理について協力しなければならない。
4 準会員は他支部に所属しているもので、彦根市弓道場でも修練を希望するものとする。
5 団体会員は学校、職域等で団体として活動するものとする。
(事務所)
第4条 
本連盟の事務所は会長の指定する場所に置く。
(事業)
第5条
 本連盟は第2条の目的を達成するため次の事業を行なう。
 (1) 弓道競技会、研究会及び講習会の開催
 (2) 弓道の普及振興を図るための事業
 (3) 会員の親睦融和を図るための事業
 (4) その他、本連盟の目的達成のための事業
(役員)
第6条
 本連盟に次の役員を置く。
1 会長      1名
2 副会長     3名以内
3 理事長     1名
4 副理事長    1名
5 理事      若干名
6 監事      2名

2  監事は他の役員を兼ねてはならない
(役員の職務)
第7条 
 役員の職務は次のとおりとする。
 (1) 会長は本連盟を代表する。
 (2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故の生じたときは、その職務を代行する。
 (3) 理事は理事会を構成し、本連盟の業務を議決し執行する。
 (4) 監事は本連盟の会計および事業を監査する。
 (5) 理事長は会長の指揮をうけて理事会の決議に基づき、本連盟の業務を掌握する。
 (6) 副理事長は理事長を補佐し理事長に事故の生じたときは、その職務を代行する。